2013年07月の日記
DIARY TOP

バックナンバー
 
ホームページのカウンター (2013.07.20)

アトリエV&Rのホームページのカウンターが10,000を突破しました。

陸上自衛隊 第十師団表敬訪問と絵画贈呈 (2013.07.18)


陸上自衛隊 第十師団に絵画「戦う第十師団の精鋭たち」を贈呈

7月18日(木)名古屋市守山区の陸上自衛隊第十師団を自衛隊和歌山協力本部 青木本部長に同行してもらい表敬訪問。B-3サイズの水彩画「戦う第十師団の精鋭たち」を師団長の松村陸将に贈呈した。今までに多くの絵画を自衛隊に贈呈したが大半は海上自衛隊で陸上自衛隊への贈呈は4件目です。贈呈の目的は情勢が不安定な昨今、日本を護るため日夜黙々と暑い中猛訓練を重ねる隊員たちがこの絵を見ることにより士気を上げてもらうためであり、あえて難しい戦闘シーンを絵に描いた。苦労したのは、陸上自衛隊の主力兵器は何と言っても隊員であるが舟や大砲などと違い動きのリアリティ−が求められる。絵のためのモチーフ取材は多岐に渡り、隊員は大阪府信太山の陸上自衛隊第37普通科連隊を訪問、戦闘訓練を撮影させてもらい、戦車は滋賀県今津にある第十戦車大隊で射撃訓練を取材した。背景の情景は自宅の庭木やあとは想像で描きこれらのモチーフと組み合わせたいわゆるバーチャルリアリティ−である。製作期間:約6ヶ月、銃火器の展示と説明:贈呈の後、午後の猛暑の中屋外で小銃・狙撃銃・機関銃などの銃火器や装甲車・指揮通信車などの車両の展示を見学した。3人のビジターのための音楽会:今回のスペシャルメニューで近くの音楽隊練習所に案内され、大相撲名古屋場所千秋楽の君が代演奏でお馴染み35人で編成された第十師団音楽隊の演奏を約20分鑑賞した。



師団とは?師団とは陸上部隊の単位の一つで、一般的には歩兵部隊、戦車部隊、大砲やミサイルを装備した部隊等、また、これらを支援する様々な部隊が集まって編成された、主要な作戦を担当する部隊です。陸上自衛隊では、現在約7,000名から9,000名の人員をもって普通科(歩兵)連隊を基幹として編成された師団が8コ、戦車連隊を基幹として編成された師団が1コ、また、師団より少し規模の小さい旅団と呼ばれる部隊が6コあり、それぞれの地域で防衛・警備の任務に従事しています。



build by HL-imgdiary Ver.1.25